AGA TRACKER 頭髪に悩む人が治療に悩む人に送るサイト

「フィナロイド- FinaLIoyd -」という育毛剤

フィナロイドの特徴

プロペシア錠と同有効成分のフィナステリドを含有する薬。
男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療にも使われます。
取り扱い元のホームページ商品案内によると、効果の確認までに6ヶ月の服用が推奨されていて、効果がみられるまで継続的に服用するのがよろしいとのことです。

このフィナロイドは、現在の育毛界で燦然と輝く超鉄板の育毛薬プロペシアのジェネリック医薬品で、ジェネリック一番人気の「フィンペシア」を凌駕する新商品と言われています。
このフィナロイドの最大の目玉注目点は、その価格設定。先発品のプロペシアはもちろん、同じジェネリック医薬品である「フィンペシア」よりも低価格を実現していることです。この「フィンペシア」もフィナロイドも成分は同じ。同じ商品なら、安いもののほうがいい、当然のことですよね。

何よりまず、下記の服用にもあげたように、本来は前立腺肥大症治療のための医薬品であるということをお含みおきください。その上で副作用にも十分に注意をお払いください。

フィナロイドの説明

前立腺肥大症治療薬であるLLOYD LABORATORIES社のFinaLloyd(フィナロイド)は、有効成分・フィナステリドを1mg含有しています。有効成分および含有量は、男性型脱毛症(AGA)治療薬の「プロペシア錠1mg」と同一です。
前立腺肥大症の発症には、血中テストステロン(男性ホルモン)が大きな関与をしています。フィナロイドは、テストステロンの作用を抑えることで、前立腺容積を減少させて、下部尿路症状を改善します。
フィナロイドに含有されている有効成分のフィナステリドは、5-α還元酵素を選択的に阻害して、テストステロンがより活性の高いジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されるのを抑制します。
1日1回の内服という簡易な服用方法で、各種臨床試験において高い有効性が確認されている薬剤です。

フィナステリドは、女性に適応のない「プロペシア錠1mg」と同一の有効成分・フィナステリドを含有した、男性専用医薬品です。 皮膚からの吸収があるため、女性の方は触れることのないようにご注意ください。

服用にあたって

成分は?
Finasteride 1mg
フィナステリド 1mg】
用法は?
前立腺肥大症治療として、成人男性は、通常、フィナステリドとして5mg(5錠)を一日1回経口投与(口から飲む)する。
効果は?
前立腺肥大症

 ※効果には個人差があり。
 ※効果の確認まで通常6ヶ月の継続が望ましい。
副作用は?
肝機能障害(食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜の黄変)
射精障害、性欲減退などの症状があらわれる場合があります。
その他、何か異変を感じた場合は速やかに医師の診察をお受けになるよう強くお勧めします。
注意事項として
錠剤は、分割・粉砕しないこと。
もし粉砕・破損した場合は、妊婦または妊娠の可能性のある婦人および授乳中の婦人は取り扱わないようにしてください。

服用するのを忘れた際は、思い出したときにすぐ服用してください。
※ただし、2回分を一度に服用しないこと。

本剤の効果が確認できるまで通常6ヶ月は継続してください。
前立腺がん検診(PSA検診)を受診する際は、検査実施前に医師へ本剤服用の旨を申告してください。

以下に該当される方は本剤を服用しないでください。
○ 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
○ 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人

AGA(男性型薄毛症)治療薬プロペシアジェネリック♪リーズナブルな価格が魅力です。

薄毛の悩みってみんな真剣

実は、最近になって、悩み事の相談を受けることが多くなりました。
そのほとんどは、薄毛の悩み相談です(笑)。

それには理由があって、それは私がかなり若い時から薄毛だったから…。
最初は「若禿げ」の自分を、みんな哀れみ半分で励ましてくれていたものです。

ところがどっこい今の僕が禿げるどころか、十年以上経っても、むしろフッサフサになっているのをみて、 その理由を聞きに、みんなが逆に相談に来るようになったというわけです。

若禿げだった自分がフッサフサになった理由、それが何か気になりませんか?
それはある出会いがきっかけでした。

当時、とても薄毛に悩んでいた自分は、それこそ育毛に良いというものであれば、手当たり次第に試していました。

それは早寝早起きから始まり、育毛サプリはもちろん飲んで、食生活も万全に…。

でも、まったく効果なし……。

そんな日々が続いていましたが、そんな折り、なにげなくAGA、男性型薄毛症というジャンルが確立されているのを知り、 勉強してみるとまさに自分の症状にぴったり!

しかも、その治療法もしっかり確立しているじゃないですか!

これには正直驚きました。
そして、治療薬として見つけたのが、この「プロペシア」ってわけなのです。

私の場合、このプロペシアを飲み始めてから、丸見えだった頭皮も徐々に隠れるようになり、明らかに毛量が増していくのを実感できたほどです。

今では学生時代と大差ないほどのボリュームを取り戻し、毎朝ビシッと鏡の前でワックスセットしています。

そりゃ、周りのみんなが驚くはずでしょう。


高いのが難点だったプロペシア

でも、このプロペシアの唯一の難点は、少し高価だってことです。

ですので、みんなにおすすめしながらも、実は心苦しくも感じていたのです。

でもまあ、しっかり効いているのでしょうがないかなと思っていた矢先、今度は、ジェネリック医薬品という存在があることを知りました。

ジェネリックとは、その薬品の特許が切れた後に販売される、同じ成分の医薬品のことで、同じ薬がとても安い値段で手に入る仕組みのことです。

あれ、もしかしたらプロペシアも?
ふと気づいて、検索してみたら大当たり♪
プロペシアにもジェネリック医薬品が存在していたのです。

ちなみにこのプロペシアは、有効成分であるフィナステリドの作用によって、 男性ホルモンが脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化するのを抑制し、薄毛を防ぐという男性専用の薬。

今回ご紹介したいジェネリック医薬品も、ジェネリックなので当然といえば当然なのですが、 このプロペシアと同じく、フィナステリドを配合しDHTを抑制する、まるで同じ作用というわけです。

ジェネリックって素晴らしい!!

その名は、『フィナロイド』安いわ

プロペシアとまったく同じ成分のジェネリック医薬品。
その名は、『フィナロイド』

何回もいいますが、フィステナリド配合でDHTを抑制し薄毛をふせぐプロペシアとまったく同じ成分です。

同じ成分の薬で、安いなら絶対『フィナロイド』ほうが良いに決まってます。
何を隠そう私もすでにさっそく切り替えていますが、なんの問題ありません。

それにしても超有名なAGA(男性型薄毛症)治療薬プロペシアが、ジェネリック価格で注文できるなんて
『フィナロイド』さまさまです。

私も、費用の心配が少なくなったことで、以前にもまして、心置きなく気軽に相談にのることができています。
ちなみに男性専用なので、女性には効きません! お間違いなく

さあ、安いプロペシアジェネリックで、薄毛から脱却してみませんか?