AGA(Androgenetic Alopecia)治療の前に自己診断

AGA治療に関わるサイトや広告に掲載されているチェック項目や実際の毛髪再生外来の窓口を持つ病院・クリニックなどの問診の際に必要とされるチェック事項を、幾つかのサンプルをピックアップしてまとめたところ、以下の項目に集約されるようなので、書き出してみました。

AGAの原因と治療の効果や副作用について

AGAになる原因と、その治療と副作用について自分の理解力で解るように情報をまとめ書いてみました。

AGAの原因

広く一般的に言われているのは、遺伝や男性ホルモンの影響が主要因と捉えられています。 よく男性ホルモンが強いとハゲやすいとか耳にしたりしませんでしたか?また逆に頭部が薄い男性は精力が強いとも・・・。
これは善玉悪玉の両面を兼ね備えたDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンと 5aリグクターゼなる酵素による影響があるのだそうです。 しかし、それを理解したところで、果たして自力でなんとかできるものでしょうか?  もし自力で体内調整できるものなら、ホルモンバランスを良く図り、AGAによる薄毛抜け毛に悩む必要もなくなるに違いありません。
さらに言うなら、先の遺伝などは、自分ではどうしようもない要因であると言えます。祖父や義祖父や父や叔父を恨むわけにもいきません。

ただ、生活習慣や精神的な要因などもAGAには大きく関係していると言われています。 これらについては自身の努力で対応できる原因であり、また改善すべき原因であるとも言えるでしょう。
例えば普段の食生活や飲酒に喫煙、運動不足や睡眠不足、それから精神的ストレスなども絡んでくるようです。 このような原因は自ら対処すべきものと考えられます。

的を射てるかどうかわかりませんが、先天性の原因は薬や治療を施し、後天性の原因は自力で改善に取り組むべき、ものなのかと考えます。

AGAの治療と副作用

AGAの治療には一般的に次の3つの方法が上げられています。
一つは薬品による治療。そして残り2つは一般と専門の病院・クリニックによる治療です。

AGA治療の効果と副作用という観点から言えば、効果は病院の治療の成果・結果であり、そして副作用は投薬によるものと捉えるのが妥当かと考えます。 ただ、病院での診断による投薬でも、治療を受ける方の体質や体調などを考慮した場合、全く副作用がないとも言えなくもありません。 特にご自身で、医薬外品などを取り寄せ服用する時などは十二分に注意して使用するべきかと考えます。

管理人の全く個人的な考えによるところで言わせてもらえれば、AGA治療に限らず、人工的な何らかの処置を施すわけですから、 それ相応の副作用は覚悟しておかなければいけない、ということなのでしょう。
くれぐれも未熟な知識からくる安易な方法での対応は厳に慎むべきと言わざるを得ませんね。

AGAを察知したら早期手当?!

何はさておき、AGAかな?って感じましたら早め早めの手当が大事なのは言うまでもないところでしょう。
これに関しましては、どのような病気や怪我、例え自然現象であったとしても、早期に対策を施すことで、何もせず嘆く日々を送るよりも、かなりの差をつけることができるようになるに違いありません。
まして、個人差も勿論あるでしょうが、年齢層が若ければ若いほど手当の効果もより上がるものと予想されます。

ただ、あなたがあるがままの自然体を容認し、何もかも全て受け入れられるという大らかな心の持ち主であるなら話は別ですが。。。決して、それを否定はしませんし、情けないとも思いません。

AGA治療とHARG療法と保険診療

まず始めに、AGAは病気ではないため、医療機関での治療・診療については自由診療、いわゆる保険外診療になるのが現状のようです。自由診療は健康保険適用外となることから治療費を自らで全額負担しなくてはなりません。その場合、予想以上の高額になることも考えれますので、AGA治療には事前にどのような方法で行われるのか、形態を問わず、医師に確認しておくことをお勧めします。
施設によっては、無料での相談やカウセリングなどのサービスを提供しているところもありますから、ぜひ有効活用してみてはいかがでしょうか。

HARG(ハーグ)療法

HARG療法は、Hair Re-generative theraphy(毛髪再生治療)の頭文字をとった略語「HARG」(ハーグ)で、その訳の通り、再生医療の技術を薄毛治療に応用した「毛髪再生療法」のことです。
HARG(ハーグ)療法は、開発者である福岡医師が中心となって発足した日本医療毛髪再生研究会の認定を受けた医療機関でしか施術できません。平成26年7月現在の認定施設は全国に181あります。(参考は前文リンク:日本医療毛髪再生研究会より)
また、HARG(ハーグ)療法も、AGA治療同様、自由診療になりますので健康保険適用外となり、安価な費用ではないことに配慮しておく必要があります。

中分類・少項目に集約

  • 遺伝によるもの
     ・ 両親や、その祖父、兄弟などの親族に薄毛の方がいるかどうか
  • 毛髪の状態によるもの
     ・ 抜け毛の増加、増量(枕元や洗髪時。産毛・細い毛・短毛が目立つ)
     ・ 毛髪にハリ・コシがなくなってきた(細い、柔らかいなど含む)
  • 頭髪の生え方や頭皮などの状態によるもの
     ・ 生え際の後退、頭頂部の薄毛進行
     ・ 頭皮が脂っぽい、フケ・かゆみを感じる、ニキビが多い
     ・ 体毛の量の多少
  • 生活状態によるもの
     ・ 生活習慣の乱れ、睡眠不足がち
     ・ 運動はしているか  ・ 食事は外食が多く、脂っこいものが多い
     ・ 飲酒・喫煙の量が多い
  • 精神状態によるもの
     ・ 性格が几帳面で神経質
     ・ ストレスが多い
  • その他
     ・ 自分自身の年齢
     ・ 同世代の方たちとの頭髪量の比較
     ・ スタイリング、カラーリング頻度、整髪料使用度など

もちろん全てではありませんが、ほぼ以上のようなポイントになるかと考えます。また、管理人自身が、もしかしたらAGAなのでは?と日常において痛感させられた出来事からピックアップして合わせて記載しておこうかと思います。

1.寝起きの枕カバーを小まめにチェック!
2.ブラシ・クシで髪をとかした時のチェック!(一日の終りに抜け毛を整理しておく)
3.帽子・キャップなどの抜け毛チェック!
4.入浴・シャワー後のタオルチェック!
5.一日一回は必ず鏡で頭部をチェック!

ザッとですが、このような感じです。とは言え、以前からそうしていたわけではなく、ここ最近になり気になり出したのを境に、ひとつづつ増えていったような流れです。
また、これまでに利用させていただいたり、参考とさせていただいたサイトのリンクを以下に掲載しておきますのでご覧になってみてください。ほとんどは検索エンジンでキーワード検索すれば、上位に表示されるページばかりですが(笑)


AGAセルフチェック・自己診断できるサイト

AGA(エージーエー)セルフチェック|抜け毛 - AGA-news
Yes/No チェック式 ~ 検索結果で上位に表示されますから、多くの方がご覧になっているページかと思われます。

AGA簡単チェックシート|毛髪再生外来-聖心美容外科
項目別選択チェックシート式 ~ 一般的な病院の問診票に近いと思います。

「AGA」セルフチェック - ORICON STYLE
項目選択チェックシート式 ~ チェックシートの該当項目のチェック数に応じて結果を示すもの。

AGA診断セルフチェック|AGA治療(発毛・育毛・薄毛)の最先端医療案内|AGAナビ≪公式≫
項目別段階選択シート式 ~ チェックシートの該当項目のチェック数に応じて結果を示すもの。

さて、ご自身でのチェックで、あれ?もしかして自分はAGA?と感じてしまったようでしたら、次なるステップは、ではAGAの手当や治療に一体どれくらいの費用・治療費が必要となるんだろうとなるかと察します。