AGAの費用・治療費について(Androgenetic Alopecia - エージーエー)

AGA関連についてのさまざまな費用や治療費など出費について書いています。

AGAにかかる費用・治療費はどうなっているのだろうか?

まず始めに、現状では保険外診療、つまり自由診療となるため、患者にあたる方は治療費の全額を負担、自腹で支払うということなるようです。将来的に保険診療が適用となのかどうかは、現時点では不明です。ただ重要なのは「自由診療」であるという点です。治療費の設定が自由である、病院などにより掛かる費用を自由に設定可能であり、異なるということになるからです。

また費用に見合う結果を得られるかどうかは、頭皮の状態や諸々の条件を加味して個人差があるため絶対ではないということ、そしてまた期待する結果に見合うだけの費用だったかどうかに対しても、その人の感覚というか、高かったか安かったかにも個人差があると推察されますから、一概には何とも言えないところでしょう。

確かなことは、一般的な経済観念(これも管理人の個人的主観が入ってますので何とも言えません)から、少なからず簡単に手出しできるほどの出費では済まないということは言えます。

以上を踏まえて、AGA治療をする上で必要となる費用・治療にかかる出費の概要を簡単にまとめると、頭皮の状態や毛髪の症状などにより治療の方法も変り、病院にかかるのか、医薬品類だけで対応するのか、また病院にかかるなら専門院か一般病院かなど、幾つかの選択肢により相応の金額を要すると考えられます。
以下、項目別に区分して、記載してみました。

AGA治療区分

病院・クリニックでの治療
・ 専門病院(クリニック)
 初診費(診察費、検査費など)- 治療費(診察費、治療薬品代など)- 通院費(=交通費)
・ 一般病院(クリニック) 内科/皮膚科
 初診費(診察費、検査費など)- 治療費(診察費、治療薬品代など)- 通院費(=交通費)
医薬品などによる治療
・ 医師の処方など医薬品や育毛剤
・ 個人輸入などによる治療薬


よく、インターネットで評判のAGA専門クリニックなどの紹介やランキングを掲載しているサイトを目にしたりしますが、いかに評判が良く、料金が良心的だったとしても、極端な例かもしれませんが、果たして北海道や沖縄・九州方面の方が、相応の交通費を掛けてまで関東方面に赴くかどうかという側面も合わせて考えるなら、トータル費用は決して安価なものと言えないと言わざるを得ません。
そういう意味では、ある程度の情報や知識を得ましたら、まずご自身の生活圏内に構える病院やクリニックで無料相談・カウンセリングを実施していないか、あるいは安全性とAGAの状態を把握すべく安価な方法を模索し、そこから取り掛かってみるのも一つの手段かと考えます。
なにより最初から高額治療を施して、個人差があるため、望んでいた結果には至らなかった、、では、あまりにも無謀で、かつ、もし仮にその人が友人だったら気の毒で慰めの声をかけるにも神経を使ってしまいますので。

AGAに関係する様々なキーワードと費用・料金について

HARG(ハーグ)療法の費用について

AGAは病気ではないため、医療機関で治療するには自由診療(保険外診療)になる可能性があります、というか全額負担になるのが現状です。病院、専門クリニックの形態問わず、事前に確認しておくことが必要です。
施設によっては無料でカウセリングなどのサービスを提供しているところもありますが、。

AGAドック(男性型脱毛症遺伝子検査キッド)

AGA遺伝子検査キッドを購入し、ご自身で検査試料を採取し検査機関へ送ることで、後日結果が返送されてくる有料サービスです。男性用、女性用があります。
 ・ 12,960円(税込)から
詳細は AGAドック